個別
ソリューション

励起光源またはレーザ光源および個別のビーム形状での、直接ファイバー結合されていない半導体レーザダイレクトヘッドを含むお客様に合わせたソリューションのご提供

お客様との密な開発の提携

特別なご要求には特別なソリューションが必要とされます。技術者およびエンジニアのプロフェッショナルなチームと共に、レーザーラインは開発提携、協力し、お客様のご用途に適したレーザ装置または加工光学系を設計しています。タスクに応じて、モジュール構造のレーザーラインシステムのエレメントが組み合わされ、コンポーネント、あるいは新しいモジュールまたはシステムが開発されます。これは、マルチ半導体レーザシステムから、励起光源および光源、お客様のご用途に合わせたコンセプトのためのサービスで構築された完全なレーザ加工応用のための光学系にまで及びます。

実地試験による保証

レーザーラインがお客様に合わせたソリューションを提供する場合、これが現地作業でもすべての要件を満たすことを確認します。新しく設計された顧客ソリューションは、すべて独自のアプリケーションラボで詳細にテストし、広範な認証試験を実施します。これらの試験もお客様と綿密に相談して進めて参ります。このようにして、お客様の要求を正確に把握し、実践に投入することができます。

競争における独自性

密接な協力の中で開発されたレーザ光源または加工光学系は、お客様のご用途を最適に実現する場合だけでなく、最後までお客様をサポートします。これは、しばしばお客様に独自性をもたらせ、これをベースにしてレーザアプリケーションを競争相手から際立たせ、傑出した結果を生みだします。技術的な必要性は、すなわち経済的な長所になるのです。

例:ハイブリッドレーザ装置

ハイブリッドレーザ装置は、ビームコンバーター付き半導体レーザの高いビーム品質を既存のダイレクト半導体レーザ装置の優れた特性を一つの統合されたシステムの中で結び合わせます。そのようにして、異なるビーム品質、出力、スポットジオメトリのレーザ光を特殊な加工光学系で同軸に重ね、加工プロセスの中で二つの利点を同時に利用することができます。この革新的な操作モードにより、特に、キーホール溶接で卓越した結果が得られます。また、ハイブリッドレーザはコンバーターまたはダイレクト半導体レーザとしても交互に駆動させることができます。

OTS-5 ハイブリッド光学系