ろう付け用光学部品

車体構造およびその他の用途におけるろう付け

ろう付け光学部品

プロセスに最適なスポットの調整により、レーザーラインの光学系は自動車産業の高い要求を満たすろう付けシームを可能にします。例えば溶融亜鉛めっきのろう付けでは、プレスポットがろう付けシームのエッジで亜鉛めっきを除去するため、高品質のプロセス結果と高速プロセスが可能になります。

特徴

  • 円形、長方形、トリプルスポットフォーカス可能
  • 代表的な用途: 車体製造における金属のろう付け
  • ワイヤー供給速度とガス供給量を調整できるワイヤー供給装置一体型
  • 補助ワイヤーによるシームトラッキングとフォーカス位置調整
  • 追加機能:触覚またはカメラによるシームトラッキング
  • 拡張レベル:クロスジェット、保護ガラスモニタリング、CMOSカメラ、クラッシュセンサー

 

例トリプルスポットによる溶融亜鉛ろう付け

Cross section of brazing by  Laserline diode lasers

レーザーラインマルチスポットモジュール付き

レーザーろう付けは、自動車車体の生産において長い間定着してきた。しかし、溶融亜鉛メッキ鋼板の使用が増えたことで、最近になって問題が生じてきた:微小スパッタとウェーブレットの数が増加し、プロセス速度の低下を余儀なくされた。レーザーライン社は、メインスポットの上流にセカンダリスポットを配置する可変マルチスポットモジュールによる先駆的ソリューションを開発した。

さらに詳しく

ろう付け光学部品

加工用光学部品についてご質問がありますか?

お気軽にお問い合わせください。
コール コンタクト