Laser Hybrid Welding by Laserline diode laser combines the advantages of two proven welding processes

レーザーハイブリッド溶接

相乗効果の活用:ハイブリッド・レーザー・アーク溶接は、実績のある2つの溶接プロセスの利点を組み合わせたものです。

例題へ

レーザー・ハイブリッド溶接 - プロセス

キーホール溶接と同様に、ハイブリッド溶接では、特に厚い材料に対して十分な溶接深さを達成するためにレーザービームが使用される。特に厚いシートメタルでは、シームの準備が理想的な方法で行われないことが多く、隙間が大きくなるため、欠けた部分を追加ワイヤーで埋める必要があります。このため、レーザーハイブリッド溶接では、レーザー溶接とMIG/MAG溶接プロセスを組み合わせています。溶加材はレーザービームの漏斗を満たし、フランク接続を最適化します。両プロセスは1つのプロセスゾーン内で動作するため、両プロセスの利点を活用することができます。

レーザーハイブリッド溶接の利点

両プロセスの長所を組み合わせることで、レーザーハイブリッド溶接は、特に高い材料厚の場合、高い溶接深さと高いギャップブリッジを同時に実現することができる。溶加材は、溶接シームの特性にも良い影響を与えます。

ハイブリッド・レーザー・アーク溶接

ハイブリッド・レーザー・アーク溶接プロセスは、レーザー溶接とGMAW(ガス・メタル・アーク溶接)を組み合わせた特殊な組み合わせである。ここでは、MIG溶接またはMAG溶接(金属不活性ガス溶接および金属活性ガス溶接)とTIG溶接(タングステン不活性ガス溶接)が使用される。

応用例

Laser Hybrid Welding by Laserline diode laser combines the advantages of two proven welding processes

10kWレーザーによるレーザービーム+ガスメタルアークのハイブリッド溶接

高い材料厚と大きなギャップ幅の高品質溶接継ぎ目。

LDF高出力ダイオードレーザーは 、レーザーハイブリッド溶接に理想的なビーム光源です。

レーザー出力 10 kW
速度 3.5 m/分
材質 S355
板厚 5 mm
GAp幅 0.2 mm

造船、車両建設、建設機械に特に適している。

レーザーハイブリッド溶接技術は、幅広い用途で使用することができます。特に、高い材料厚に対するこの組み合わせプロセスの利点により、造船、車両建設、または例えば建設機械の製造にも展開することができます。

ハイブリッドレーザー溶接用ダイオードレーザー

ハイブリッド溶接に特に適したレーザーシステムは?ここではその一部をご紹介します。

レーザーハイブリッド溶接に興味がありますか?

ご遠慮なくお問い合わせください。

ご要望
コール コンタクト