ビームコンバーター付きLDFシリーズ

高精度加工

高精度な加工のための多くのプロセス開発(例えば、リモート溶接アプリケーション)が、高出力かつ高輝度の産業用レーザ光源を必要としています。ここで、レーザーラインのビームコンバーターコンセプトは、理想的な方法で高出力、モジュラー性、実用性および経済性、高ビーム品質のLDF半導体レーザ装置へと結び付けています。

<div/>

ビーム変換による高輝度化

ビームコンバーターは、フィールドで証明されたLDF半導体レーザ装置の基本技術を用いた技術拡張型モデルです。スタンダードなシステム構造から、標準のビーム品質のレーザ光がまずアクティブファイバー(コンバーター)に集光されます。そのコンバーターモジュールは、レーザ光を高輝度な光に変換します。この時、ビームコンバーターのない標準ののLDFシステムに比べて波長がわずかに伸び約1080 nmになり、このような、4、6、8mm mradの優れたビーム品質の最大出力6 kWのシステム構成になります。

<div/>

システムのモジュール性

最新のレーザーラインLDFシステム設計でも、一貫してモジュール性、故障に対する信頼性、保守し易さを追求しています。出力、ビーム品質、ビームスイッチ分岐数、装備はご要求に対して、個別に設定され、最適に調整することができます。

中央システム制御装置ですべてのデータが監視および収集されます。操作および評価は、モバイル操作パネル上、コントロールセンターのネットワーク接続経由、あるいは遠隔保守アクセス経由で行うことができます。

レーザーエネルギーは、脱着可能そしてロボットと使用可能な光ファイバーケーブル経由で伝送されます。ビーム品質によっては、100 ~ 200 μmのコア直径ファイバーが使用可能です。

ビームコンバーターのプロセス原理:

1.励起ダイオード

2.アクティブファイバー

3.ビームスイッチ

4.プロセスファイバー

技術的長所

  • ファイバー結合型レーザ(最大レーザー出力:6000 W)
  • 高ビーム品質(最高4 mm mrad)
  • コンパクトかつ経済的なデザイン 
  • 定評のあるLDF基本技術がベース
  • 励起半導体レーザ素子は5年間保証

光学仕様

最大出力4,000 W6,000 W6,000 W
ビーム品質4 mm.mrad6 mm.mrad8 mm.mrad
その他のレーザー出力は応相談
光ファイバーケーブル100 µm[NA 0.1]150 µm[NA 0.1]200 µm[NA 0.1]
1:1の集光イメージング時集光径100 µm150 µm200 µm
ファイバー長10m、20m、30mその他の長さは応相談
出力安定性+/- 2%未満(2時間以上)
波長範囲1,080 nm +/- 20 nm

機械仕様

VG66 重量:約800kg、寸法:1065 x 850 x 1,845 mm³ (L x B x H)