溶接用光学部品

金属および非金属の熱伝導とキーホール溶接

溶接光学部品

レーザーラインの溶接光学系はフレキシブルに構成でき、異なるプロセス要求や境界条件に合わせることができます。さらに、光学系はレーザーライン社のダイオードレーザに最適に調整されているため、最高の品質要求を満たすプロセス結果を得ることができます。さらに、困難なプロセス条件の場合、シームトラッキングやプロセスモニタリング用のセンサを組み込むことができます。

特徴

  • 様々なスポット形状が可能
  • ワイヤ送給とシームトラッキングによる溶接
  • 代表的な用途: 金属および非金属の熱伝導溶接および深肉溶接
  • 追加コンポーネントクロスジェット、CMOSカメラ、溶接モニター、不活性ガスノズル、加圧スティック/加圧ローラー

 

例熱伝導溶接

Optimizing heat conduction welding by Laserline diode lasers

OTS-5溶接光学系とクロスジェット付き

ダイオード レーザーは、いくつかの方法で熱伝導溶接を最適化します。トップハットビームプロファイルの均一な出力と均一な強度分布は、優れたシーム品質と高い加工安定性を保証します。

さらに詳しく

溶接光学部品

加工用光学部品についてご質問がありますか?

お気軽にお問い合わせください。
コール コンタクト