高効率 高出力ダイオードレーザー

>焼入れ、乾燥、硬化などの熱処理用途向け、50%以上の高効率ダイオードレーザー

新しいLDF DR: 高効率レーザー - 経済的でモジュール式

LDF製品群により、レーザーライン社は高出力ダイオードレーザのスタンダードを確立しました。特許を取得したダイレクトダイオードレーザ技術は、25年以上の実績があります。50 %を超えるウォールプラグ効率を提供する新しい高効率レーザーは、この技術に基づいて開発されました。モジュールコンセプトにより、レーザー出力は15kWから30kWの間で拡張可能で、様々な加工光学系を簡単に交換できるため、システムの保守が容易です。今日、レーザーライン社は、20kW以上の高出力ダイオードレーザの長期にわたる現場経験を持つ世界唯一のメーカーです。

More climate-friendly laser drying process of lithium-ion batteries by Laserline diode lasers
© Fraunhofer ILT

乾燥用途のソリューション

ダイオードレーザーによる乾燥は、広く使用されている対流式オーブン乾燥に代わる、 コスト効率に優れ 、環境に優しい乾燥方法です。レーザーを使用した加熱システムの設置面積は、従来の加熱技術に比べ約50%小さくなります。ダイオード・レーザーによる乾燥プロセスには加熱時間が必要なく、温度制御は閉ループのパイロメトリー・システムによって設定される。波長約1 µmで、バッテリー電極などに使用されるカーボン粒子への最高の吸収を実現し、他の光加熱アプローチとは対照的に、高密度の水蒸気を完全に透過させることができます。1m以上の超広帯域ビームは、基板への直接的なエネルギー伝達を可能にします。実質的にメンテナンスフリーのダイオード技術は、ダウンタイムを最小限に抑え、電池製造工程の生産性を最大化します。

技術的優位性

  • 50%以上のウォールプラグ効率
  • レーザー出力は15~30 kWまで拡張可能
  • OTX 光学系による超広角均一スポット、広い表面も照射可能 - お客様のご要望に合わせたスポットサイズ
  • モジュール式で容易に拡張可能なコンポーネントにより、レーザーシステムのフットプリントが小さい
  • 加熱時間なし、瞬時の出力制御
  • 25年以上の開発経験を持つ、特許取得済みのダイレクト・ダイオード・レーザー技術に基づく
  • モジュラー・コンセプト - 同じレーザーで異なる光学系を使用可能。
  • レーザーダイオードの2年保証、7年へのアップグレードも可能
  • 表面熱処理における乾燥、硬化などのアプリケーション

OTXウルトラワイドスポットソリューション

Laser Drying of Batteries in a Roll-to-Roll Process by Laserline diode lasers

大面積レーザー治療

新しいレーザーライン OTX光学系とレーザーラインダイオードレーザーの組み合わせは、大きな表面の工業的熱処理用に設計されています。ビーム幅は1.5mを超える。超広幅ビーム技術は、リチウムイオン電池の電解乾燥のロール・ツー・ロールプロセスで成功裏に使用されている。

レーザー乾燥の詳細

LDF DRシリーズ:一目でわかる高効率ダイオードレーザー

レーザー出力(cw) 15,000 W 30,000 W
型式 LDF 15,000 DR LDF 30,000 DR
強度例 8.3 W/cm² @ 600x300 mm² (600x300mm²の場合 3.1 W/cm² @ 1200x800 mm² (600x300mm²の場合
対応光学部品 OTX(固定光学系)またはOTZ(ズーム光学系)。
ウォールプラグ効率 > 50 %
ファイバー長 20 m、その他の長さについてはお問い合わせください。
出力安定性 < 2時間以上±2
接続性 フィールドバスインターフェース、IoTインターフェース(OPC-UA)
追加オプション 精密位置決め用クロスガイディングレーザー、パワーメーター、将来のレーザーパワーアップグレードパッケージ

 

高効率ダイオードレーザーの主な用途

高効率ダイオードレーザーは、乾燥やその他の表面処理用途に特に適しています。

高効率ダイオードレーザーまたは表面処理アプリケーションに関するご質問は?

ご要望をお寄せください
コール コンタクト