品質の向上

自動車車体製造において、レーザーライン半導体レーザは設備稼働率、プロセス安定性、外観接合箇所の品質で最高の要求を満たしています。 

自動車産業における半導体レーザ

中心的な適用範囲は自動車の車体の接合です。

車体には、継ぎ目の外観に最も高い要求があります。典型的な使用方法は、アルミニウムのレーザ溶接またはトランクリッドの亜鉛めっきされたパネル、およびルーフ/サイドパネル接合部のレーザろう付けです。これらの応用では、レーザーラインはプロセス開発においてもリードしており、各プロセスの最適化のためのオーダーメイドのマルチスポットモジュールを提供しています。 

構造、ドア、ドア開口部、A/B/Cピラーにおいて、半導体レーザはレーザ溶接に使用されます。リモート溶接のためにビームコンバーター付き半導体レーザが使用されます。

テーラードブランク溶接では、材料の強度が異なるパネルを接合し、ボディパーツの成型プレス用の成型プレートを作製します。 

さらに、半導体レーザはパワートレーンにおいて、ギヤホイールの溶接、カム/クランクシャフトの焼入れ、プレスツールの焼入れおよびコーティングにも使用されます。