レーザクラッディング(肉盛り溶接)用光学系 OTS-5 Coax8

豊富な種類のレーザーラインのレーザクラッディング(肉盛り溶接)光学系には、各用途のために適したツールがあります。クラッディング用としても、修理溶接あるいはアデティブマニュファクチャリング(金属3Dプリンティング)用としても、様々なパウダーノズルをレーザーラインのモジュール式光学システムと組み合わせることができます。多様な光学系構成の可能性により、レーザ加工光学系を様々な加工要求および条件に合わせることができます。その上、すべての使用可能なモジュールがレーザーライン半導体レーザ装置に最適に調整されており、それによって最高の品質要求を満たす加工結果を可能にします。

特 長

  • 円形および矩形フォーカスが可能
  • 典型的な用途:レーザクラッディング(肉盛り溶接)、修理溶接、アディティブマニュファクチャリング(金属3Dプリンティング) 
  • 粉末とワイヤーを使用した積層造形
  • 様々なノズルジオメトリによる同軸粉末供給、不活性ガス供給および冷却装置を組み合わせ可能 
  • 簡単かつ迅速な交換のための不活性ガスカセット
  • 3D加工の場合、傾斜角度は最大90°
  • 拡張バージョン:プロセス監視用のセンサー組み込み