プラスチック加工

プラスチック産業における半導体レーザ

車両パーツ、圧縮タンク、シール、あるいはプラスマーベースの繊維強化プラスチック製パイプ(CFKなど)が、従来のスチールまたはアルミニウム製の構造物をますます排除しています。これらは、より優れた機械的な特性を保持しながら、重量を最大70%低減します。

すでに早くからレーザーライン半導体レーザのために開拓されていた適用範囲は、例えば繊維強化プラスチックのテープ敷設およびテープ巻き取りです。収納された、または巻き取られたCFKテープは、LDM半導体レーザを使用して溶接されます。この加工プロセスは、特にシームレスチューブの生産時に(沖合海域用)使用されます。