熱伝導溶接

”穏やかな”レーザ材料加工 – 優れたシーム品質 – 再加工、後処理加工不要– 高い経済性

プロセス

熱伝導溶接は最大1 mmというわずかな溶接深さが特徴で、主に材料の厚さがわずかなプレートの接合などに使用されます。熱伝導溶接では、レーザはプレートを規定の継ぎ目に添って溶融します。接合相手の溶液は相互に流れ込み、冷えて溶接シームになります。このようにして、溶接による接合は従来の溶接方法よりも迅速になり、わずかな材料の歪みで実現されます。その上、後処理の必要ない滑らかで細孔のない溶接シームになります。これにより、熱伝導溶接は目に見える範囲での外観化粧性が求められる加工に選択される方法となっています。

ダイレクト半導体レーザのプロセスの利点

レーザーライン半導体レーザは多くの方法で熱伝導溶接を最適化します。均等な出力および均質な強度分配(トップハットビームプロファイル)は、優れたシーム品質と高いプロセス安定性を保証します。これに大きな経済的利点が加わります。30,000操作時間を超える寿命、高い効率、わずかな保守費用により、レーザーライン半導体レーザは他のビーム光源より明らかに優れています。 

<div/>

応用例

シンク

シンクはどこの家庭および工場の食堂にもあり、常に一つのユニットのように見えます。しかしステンレス製シンクは、実際には溶接シームがあります。何も見えない点が、しばしばレーザーライン半導体レーザと関係があるのです。それらは技術的かつ経済的に最高の熱伝導溶接を可能にし、目に見える溶接跡を残しません。

金属性ブーツ

パイプの熱膨張を相殺する、あるいはバキュームポンプと測定機器間の振動を軽減する必要がある場所では、金属製ブーツが使用されます。薄く柔軟なセルペアの溶接には、安定し亀裂のない溶接シームを生成する均等な熱影響が必要です。レーザーライン半導体レーザは、ここで優れた結果を生みだします。