非鉄金属加工

レーザーライン社が初めて開発した青色レーザーが銅や金のような非鉄金属の加工を可能にする。

産業における青色レーザーの使用

3年もしないうちにドイツ連邦教育、研究省(BMBF)の高出力レーザー(EffiLAS)研究支援プログラムとの関わりの中で初めて青色キロワットダイオードレーザーが設計され、初めて実用に可能なものとして最適化された。この世界で唯一無二の技術の開発により、レーザー技術において、可視波長帯でのレーザー光線を用いた原料の加工という新しいセグメントが創り出された。

様々な産業の用途で赤外線レーザーは卓越した成果を成し遂げている。非鉄金属、とりわけ銅の加工に赤外線は適していない。非鉄金属のこの波長帯おけるレーザー光線の吸収性の悪さがその本質的な原因として挙げられる。そこでは溶接のプロセスはしばしば不安定なものになり、不良品に繋がる溶接不良も発生する。高い吸収率を目指すには、青色ライトの450nmのような短い波長帯での使用が理想とされている。この何倍も高い吸収率は銅の溶接いおいて高品質で均一性の高い溶接を可能にする。

青色レーザー光線の使用で銅や金のような非鉄金属加工のみならず、異なる金属の結合における新たな可能性も見えている。とりわけ再生可能エネルギーや代替エネルギーの分野において青色レーザーの使用における新しい可能性が期待されている。例えば、電気自動車の製造において、通常のエンジンを使用した乗用車の製造よりも8kgも多くの銅が使用されている。一つ一つは小さいが、青色レーザーの用途は幅広い分野において新たな可能性を広げる。例えば、バッテリーの製造では、10ミクロメートルの薄さの銅が組み合わらせられたり、もしくは他の金属と結合させられているが、これは青色ライトスペクトルの高出力ダイオードレーザーの使用で初めて可能となった。

風力発電設備においては明確により多くの銅が必要とされている。洋上風力発電装置では最大30トンの銅が必要とされるが、ここでのこのレーザーの使用が考えられる。接合部の品質の高さにより、この技術の使用は各部品の温度管理が重要なパワーエレクトロニクスの部品など、電気工学における使用に非常に適している。

電子工学部門での使用を越え、青色レーザーは新たな波長帯で、アクセサリーの製造を想定した金の加工を可能にしている。日々進展する技術の発展に伴い、様々な分野での新しい波長帯での工業用製品への高出力ダイオードレーザーの使用に始まるスピーディな技術革新の進展が期待されている。