プラスチック溶接

慎重なエネルギー入力 – けば立ちの発生なし – 正確な再現性

加工プロセス

レーザ透過溶接では、常にレーザ透過性でレーザ吸収性コンポーネントが必要です。溶接の前段階において、接合相手が位置決めおよび調整され、その後、実際の結合プロセスで、レーザ光はそれほど加熱しなくても、透過性のコンポーネントに入り込みます。透過性のコンポーネントは、表面で加熱されるレーザエネルギーを吸収します。このエネルギーが熱伝導により透過性コンポーネントの表面に伝達されます。接合圧力により、両方のパーツが接合されます。