プラスチック溶接

慎重なエネルギー入力 – けば立ちの発生なし – 正確な再現性

もっと知る

Diodenlaser geringer und mittlerer Laserleistung eignen sich hervorragend für eine qualitativ hochwertige und dauerhafte Verbindung von thermoplastischen Polymeren nach dem Durchstrahlschweißverfahren. Modular lassen sich verschiedene Spezialoptiken und Zusatzkomponenten wie Pyrometer zum temperaturgeregelten Konturschweißen oder CMOS Kamera zur Prozessvisualisierung adaptieren. Zum Quasi-Simultanschweißen führen Scansysteme mit hochdynamischen Ablenkspiegeln den Laserfokus auf jeder beliebiger 2D-Kontur.

加工プロセス

レーザ透過溶接では、常にレーザ透過性でレーザ吸収性コンポーネントが必要です。溶接の前段階において、接合相手が位置決めおよび調整され、その後、実際の結合プロセスで、レーザ光はそれほど加熱しなくても、透過性のコンポーネントに入り込みます。透過性のコンポーネントは、表面で加熱されるレーザエネルギーを吸収します。このエネルギーが熱伝導により透過性コンポーネントの表面に伝達されます。接合圧力により、両方のパーツが接合されます。

ダイオードレーザーのプロセスにおけるメリット

伝統的な個体レーザーと比べ、ダイオードレーザーはその波長スペクトルと安定したトップハットレーザーがそのメリットとなります。これにより接合されるパーツへの損傷を与えうる部分的な温度の上昇を防ぐことができます。ダイオードレーザーによる部分的なエネルギーの集中は結合部の素材を急速に熱してしまい、冷却後の結合不良に繋がってしまいます。工程、温度管理システムは溶接プロセスは記録され、よりコントロールされた結果を可能にする。パーツの機能の変更や溶接デザインの変更などのプログラム変更へも柔軟に対応することができます。このレーザーはとりわけ内部の振動に敏感なパーツや複雑な電子回路を非間接的な熱による損傷から守る役割を果たします。レーザー使用時の均等なエネルギーの配分は原料のオーバーヒートや小さな穴ができることを防ぎます。レーザーの優れている点は、新しい素材や容器となるものが開発された際に柔軟に対応できる範囲が広いところです。このレーザー技術は、溶接時に破損や汚れを引き起こしかねない振動溶接や超音波溶接などの伝統的な方法でも内部に電子部品を有する合成素材を低い温度、危機への低い負担で溶接をすること可能にしました。

自動車のプラスチック製リヤリッドの軽量化構造は、レーザーライン半導体レーザによる透過溶接で製造されます。特記事項:溶接シームは見えず、内側の見える範囲にある後処理もなくなりました。

自動車のプラスチック製リヤリッドの軽量化構造は、レーザーライン半導体レーザによる透過溶接で製造されます。特記事項:溶接シームは見えず、内側の見える範囲にある後処理もなくなりました。