クラッディング

油田/ガス産業における半導体レーザ

油田および天然ガスの開発は、高出力の大型穴あけ工具が前提になります。これら工具には大きな負荷がかかっており、摩耗防止措置がなければ長い耐用年数は得られません。この理由により、以前から特殊コーティング、肉盛り溶接がスタンダードであり、これはレーザクラッディングによって実現されることが多くなっています。レーザーラインLDM/LDFシリーズ半導体レーザはここで優れた結果を収めています。

厳しい条件での亀裂への溶接

保護コーティングの損傷の他に、コンポーネントの亀裂も修理溶接が必要になります。ただし、そのようなコンポーネントに毎回簡単にアクセス出来る訳ではありません。例えば、他のギヤを取り外すことなく、亀裂の入ったギヤを取り外すことができない箇所では、あるいは疑いがある場合、レーザを正確に加工対象物に照射する必要があります。これはレーザーラインの半導体レーザ装置を使用すれば問題ありません。軽量かつコンパクトで移動可能なレーザは、その状況の必要に応じて、非常に高い場所にある細いフレーム上でも確実に設置し、そこですべての必要な溶接作業を補助することができます。

このようなギヤの亀裂を溶接するために、移動可能で手軽に使用可能な半導体レーザ LDF 3000-60並びに制御用ロボットが高さ 25 mの現場に取り付けられました。